従業員満足度を高めて働きやすい環境を作る

社員の満足が良い仕事に繋がる!従業員満足度を調査しよう

従業員満足度を高めて働きやすい環境を作る

レディ

働きやすい会社として有名になろう

有効求人倍率が高水準になる中で、新卒で就職した会社を3年以内に退職する人の割合が大卒で30%を超える状況が続いています。一つの会社で定年まで勤め続けることが当たり前の時代ではなくなったことや、過酷な労働条件を課す企業の割合が依然として多いことが理由として挙げられます。優秀な新人を雇い入れ、戦力化することが多くの企業にとっての課題になっていますが、従業員満足度を向上し、働きやすい会社として業界で有名になることでライバル企業よりも質の良い人材が集まり、事業の発展に寄与するでしょう。

満足度を調べる大切さについて

会社を退職する人の多くは、現在の職場に不満を持っています。不満はないものの、好条件でヘッドハンティングされたから…という理由で転職をする人は一部に過ぎません。
人材流出を事前に防止するためにも、従業員満足度を調査することが重要です。しかし会社の不満を口にするのは難しいことですので、現在の労働環境への率直な意見を匿名で募ってみるなどの手段が有効です。何気ない意見の中に、問題の解決策が眠っているかもしれません。また、業務量の不均衡を是正することにも繋がります。

業績を上げやすい環境作りに繋がる

不満をくすぶらせて仕事をしている従業員と、前向きな気持ちで仕事をしている従業員、同じ能力であればどちらが良い仕事をするでしょうか?答えは分かり切っています。
従業員満足度を向上させることで、スタッフが能力を発揮しやすくなります。まずは労働環境の課題を洗い出し、一時的なコストアップに繋がっても問題を解決していくべきです。数字と言う結果が出る営業スタッフはもちろん、具体的な評価を得にくい事務方スタッフも労働環境が改善すれば、今度は会社の利益に貢献したいという意欲が出てきます。従業員の不満の多くはお金をかけることで簡単に解決できる事が多く、将来への投資と考えるべきなのです。
業績の推移に不満を感じる事業主の方は、自社の従業員満足度について考えてみましょう。勉強と言う大義でまかり通る、対価の無い労働をさせる時代は終わりました。

従業員満足度を上げる方法ランキング!

no.1

何より大切なのは、トップの思いを共感させること

多くの企業ではトップダウンで物事が決められていますが、人が努力できる、頑張れる理由は条件だけではなく、気持ちの部分が大きなウエイトを占めています。この会社のために力を出してみたいと思って貰えれば、必ず結果は付いてくるでしょう。
事業に対する思いや、このスタッフにはこのようなことを期待していると伝えることができれば従業員は意気に感じ、能力を発揮します。褒めれば良いというものではありませんが、頑張ったことに対してレスポンスを示してあげることが重要ではないでしょうか?

no.2

第二位は、人件費を惜しまないこと

従業員満足度が上がらない理由の多くは、人員不足が原因と言って良いでしょう。特に繁忙期にはどの部署も残業が増え、満足度が下がります。そこで人員体制に余裕を持たせることで、一人一人が前向きな気持ちで仕事をすることができます。営業の部署であれば、これまでは時間が無くて不可能だった新規顧客の開拓にも積極的になることができるでしょう。仕事が増えるとキャパシティを超えるという状況には発展性がなく、仕事を増やせないと思いながら働いているのですから、売上の向上はありません。コストが上がるデメリットはありますが、余裕を持てるようになった従業員は、きっとこれまで以上の結果を残してくれるでしょう。

no.3

従業員のためにすべきこと第三位

従業員満足度を上げるには、社内の意見交換をしやすくすることが重要です。それぞれの部署がありますが、そこで働いている人は自分の部署の目線でしか仕事を見られないものです。また、部署ごとの力関係があり、弱い立場に立たされる人は不満や改善案を言う事が難しいものです。部署を超え、あるいは役職を越えて意見を出し合える風土を作ることが従業員満足度の向上に繋がります。これを行う時点ではまだコストはかかりません。環境改善の第一歩と言えるでしょう。

広告募集中