利益を上げるために~従業員満足度を上げる方法~

会社が意識しておきたい従業員満足度とは

従業員のモチベーションが低いのが気にかかったり、離職する人がときどき見かけられるようになったりしているときには企業としては対策をしなければならない状況にあります。このような状況にならないようにするためにも、既にそのような状況に陥っているときにも重要なのが従業員満足度を把握することです。従業員が職場環境や待遇が適切だと考え、高い満足度を持って日々の仕事に従事している状況が維持されていればモチベーションや離職の問題が起こることはまずありません。給料だけでなく会社で従業員が働く上で接している全てが従業員満足度に影響しているため、その低下が見られるときには職場環境や待遇を改善していくことが必要になります。

会社が成功する為に必要なことランキング!

no.1

企業への貢献を評価する仕組みの確立

企業が成功するためには利益を上げていかなければなりません。それに対して従業員が高いモチベーションを持って取り組める仕組みを確立することが肝心になります。企業への貢献を客観的な指標によって評価し、それに対して報酬を与える仕組みを作り上げるのは短期的には効果を期待できる方法です。報酬という形ではなく名誉や賞賛といった形であっても正しく評価される仕組みが整えられるだけで従業員のモチベーションは高い状態で維持できます。

no.2

充実した福利厚生制度の提供

従業員はただ仕事をするだけの目的で生きているわけではありません。会社での人付き合いをサポートし、私生活も支えるような福利厚生が与えられていることによって高い満足を得るようになります。各種手当を提供しているから良いと考えるのではなく、社員食堂の設置をして食事の便宜を図りつつ社員のコミュニケーションの機会を増やすといった対策を行っていると従業員満足度が高まります。福利厚生からの対策を練っておくことは企業が成功する上で欠かせません。

no.3

個人の目標と合致した企業の目標の設定

従業員満足度を高めて企業を成功させるために重要なのが目標の設定や修正です。従業員がそれぞれ持っている個人の目標と企業としての目標が合致していると自然に従業員が働くようになります。個人の教育を行うことによって企業としての目標を自分の目標とするように促したり、逆に企業としての目標を修正あるいは新たに設定することによって従業員の目標に一致させたりする取り組みを行っていくことが企業の成功につながるのです。

満足度を調査する流れをご紹介

調査する内容の厳選の実施

従業員満足度調査を実施する際にはアンケートを作成することになります。そのアンケートに盛り込む内容を厳選するのが最初のステップです。社員の何に対する満足度を分析したいのかに応じて項目を決めなければなりません。企業の属している業界や企業規模、既に実施している福利厚生などの制度内容に応じて決める必要があります。その内容を最小限に留めて従業員満足度調査を受ける従業員のストレスにならないように考慮することも肝心です。

従業員満足度調査の実施

従業員満足度調査をするための内容を定めたらアンケートを配布して実施することになります。事前に告知を行って趣旨説明を行い、この調査が匿名で行われるもので社員としての評価に反映されることはないと伝えておかなければなりません。そして、その結果についての情報管理のあり方についても伝えて本音で答えてもらうようにすることが重要です。一斉に実施することでアンケート内容を実施日まで知られないようにすることも必要になります。

アンケートの回収及び集計

アンケート調査を実施したら調査票を回収して集計を行います。アンケートを作成する時点で各設問への回答を数値化して評価できるようにしておくことで客観的なデータとして分析することが可能です。集計の際には個々の項目に対する回答の傾向をグラフ化してわかりやすくすると共に、全体として数値化を行って満足度を複数のベクトルから分析できるようにする必要があります。また、十分数の有効回答があることを条件として活用することが欠かせません。

結果の分析に基づく対策の考案

従業員満足度調査は結果を整理すれば終わりというわけではありません。最後に必要になるのが集計されたデータの解析に基づいてどのような対策を講じれば良いかを導き出すことです。定時通りに働ける職場を求める傾向が強いのなら残業を減らせるようにする方針を立て、仕事の達成感が得られないことを嘆く従業員が多いなら仕事に対する評価方法を再考するといった形で、分析結果を吟味すると具体的に立てるべき対策がはっきりとしてきます。

従業員満足度を知っておけば向上心UPにもつながる

オフィス

組織マネジメント力を上げよう

従業員満足度調査を行ってみると従業員がいかに不満を抱いているかが実感できることも少なくありません。従業員が低いというときに多くのケースで問題になっているのは組織マネジメント力の低さです。経営者や管理職が適切な形で組織を動かしていなければ従業員は不満を抱えるようになります。組織構成や社内システム、社風から変更しなければならない場合もありますが、管理職が従業員の能力やスキルに対して理解をして適材適所で働けるようにするだけで改善されることも少なくありません。また、企業としての事業の戦略を切り替え、社員にも納得してもらえるようにわかりやすい形にすることで統率を図れるようになることもよくあります。上に立つ人材が全体を見て正しい方向性を見出す力を持っていなければ組織は動きません。組織マネジメント力を磨くことは常に意識する必要があります。

高いエンゲージメントを常に意識

仕事に対するモチベーションを高めることによって従業員満足度を高め、業務もスムーズに行われていくようにするという考え方は以前から行われてきました。しかし、従業員のエンゲージメントを高めることがその前段階として重要であることがわかってきています。エンゲージメントとは個人と企業の目的に関するつながりを示すものであり、従業員が自分の目標に従って働くことがそのまま企業としての目標を達成するのにつながる関係ができるとエンゲージメントが高くなるというのが基本です。従業員が高いエンゲージメントを持っているかを常に意識し、必要に応じて社員教育を行って目的意識を企業方針に一致させるように働きかけていくことが大切になっています。

[PR]

従業員満足度の高め方
会社の成長に欠かせない従業員のモチベーションを上げよう

[PR]新入社員研修には専門業者を利用しよう
人気会社の特徴とは?

[PR]

団体旅行に役立つ情報
旅行を成功させよう♪

[PR]外国人が実習生なのでスキルアップ
接客マナーもきちんと学べる

広告募集中